新生児肌着の大切さ

新生児は大人と同等の汗をかくとされています。体温調節機能が発達していないので、新生児にとって肌着は温度調節のための必需品です。新生児肌着は短肌着や長肌着などの種類があり、違いなどに混乱して悩む人もいるでしょう。特にロンパースは似ている形やさまざまな呼び方があります。具体的に新生児用の肌着にはどのような特徴や種類があるのでしょう。

新生児肌着新生児肌着の一番の目的は吸湿性と体温調節です。肌着は新生児のデリケートな肌に直接触れます。綿など肌に優しい素材が多く、編み方によって通気性や保温性、肌触りなどが異なります。首のすわらない新生児が寝ている状態でお世話することも考慮して作られています。襟ぐりは締め付けず優しく、縫い代が表に出ているなど工夫されています。着脱やお世話のしやすさ考えて、前開きにして紐などで止めます。

生後3ヶ月位までは前開きの短肌着やコンビ肌着などを着せます。首がすわり始めるころから、ロンパースなどの頭や肩からかぶれる肌着を着せることができます。ロンパースは首から股元まで繋がっているので、新生児が動いたり親が抱っこをしたりしてもお腹が出ません。上下別れた洋服の下に着て冷え防止対策にもなります。股下のスナップでおむつ交換が簡単にできるので、おむつを使用している間は着用できます。

ロンパースはボディスーツとも呼ばれ、カバーオールと似ています。肌着のロンパースに対してカバーオールは洋服です。カバーオール型肌着とロンパースの違いは脚部分の長さです。新生児肌着はデザインだけでなく種類も豊富です。このサイトでは新生児用肌着の特徴とロンパースの特徴を説明します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket